ホーム>NEWS&BLOG

NEWS&BLOG

ミモザの日

 

3月8日は、国際女性デー<ミモザの日>です。

細かい意味はともかくとして...店内あちこちにミモザを飾ってみました。

この時期 花屋さんにもたくさん黄色の花をみかけます。

なんだかみんな元気にがんばろう!って言ってくれてるような気がします。

20203815655.jpg

20203815925.jpg

202038151031.jpg

いよいよ明日オープン!!

皆様こんにちわ。

お待たせいたしました!

いよいよ明日3月1日(日)12時横浜青葉店がオープン致します。

オープン前からウィンドウをのぞいて楽しみにして頂いた方もたくさんいらっしゃったようで、ワクワクドキドキです。

今までより部屋数が多く、ショーウィンドウもあるので見どころは満載ですが、こだわりの飾りつけも現在進行中で一体何時に終わる事でしょうか。。

社長を始め、福岡からも両店長や配送スタッフも駆けつけ、アートハウスの世界観を作り上げておりますので乞うご期待下さいませshine

先ほど速報で写真が送られて来ましたが、福岡ではまだ見たことのない壁のクロスや素敵なカラーのペンキが使われているところもありhappy02は、早く見たい!! です。

まだまだたくさんのお部屋があり、どこも個性たっぷりです。これから少しずつブログやインスタグラムでお披露目していきますのでお楽しみにcamera

 

明日より、横浜青葉店をどうぞよろしくお願い致します!

202022919137.jpg202022919236.jpg202022919319.jpg202022919347.jpg

2020229193456.jpg2020229193539.jpg

 

横浜青葉店OPENカウントダウン!

改装真っ最中の横浜青葉店より、写真が届きました!

 

最初は230坪のただただ広~い空間でしたが、だんだんと空間が仕切られ、壁にクロスが貼られ、階段が出来上がっていくと…

 

ん?

 

お?

 

おおお!!

 

とアートハウスの世界になって参りました!

 

皆さまにチラっとお見せいたしますheart01

202022117654.jpg

        ブラックフレームにエッチングのアンティークドアが横浜青葉店では皆さんをお出迎え致します。

        周りはどんな風になるのでしょうか?

202022119350.jpg

二階への階段もアートハウスらしくなって参りました。 

202022119453.jpg

福岡より工房スタッフが現地入り!ただいま床を塗装中です。

チェックのクロスも福岡の店舗には無い新しい感じで素敵です。

奥には家具が待機中。

 

 

これからどんどんアートハウスらしくなっていくのが楽しみですね。また新しい情報はご報告いたしますので

お楽しみに!

横浜青葉店 3/1(日)12時OPEN

東京店移転のお知らせ 

皆様こんにちは。

毎日少しずつ暖かくなり、街の花々の開花が楽しみになって参りました。

この度、東京表参道店は1月末でCLOSEし、横浜青葉へ移転することとなりました。

2016年春のオープンより、福岡からご来店くださった方、新天地東京でファンになって下さった方、たくさんの方々にご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

新店舗はなんと230坪、22部屋という広さです!

皆様の想像を超えるArthouse21の世界観を十分に感じて頂けるよう、横浜青葉店は現在改装作業真っ最中ですup

どうぞご期待下さい!

 

Arthouse21横浜青葉店 3/1(日) 12時OPEN‼

〒225-0001

神奈川県横浜市青葉区美しが丘西3-61-8

TEL 045-532-5881

【営業時間】 10時~19時

【店休日】 火曜日(3/3は営業致します)

【駐車場】 13台完備

【アクセス】 東急田園都市線 たまプラーザ駅よりバスにて約10分 あざみ野よりバスにて約10分

2020221162021.jpg

 

 

 

 

絨毯の妙

記録的に遅い初雪が降っている福岡ですが、筑紫野本店では絨毯展を4日後に控え盛り上がっています。

ペルシャ絨毯と一言で言ってもその色柄は様々で、どんなものを敷くかで家具のイメージががらりと変わります。

次の2枚の絨毯を見比べてみましょう。

先ずは2脚のチェアとコーヒーテーブルの下に赤いギャベ。

2020217184743.jpeg

草木染の糸で織られるギャベの赤は何とも言えない味わいです。

次に同じ家具の下にお花畑のようなケルマン。

2020217185132.jpeg

地の黒が全体を引き締めてくれています。

このように、敷くものによって同じ家具をカジュアルにもフォーマルにも見せてくれるのが絨毯の魅力の一つです。

長年の夢。   その2[表参道店]

9月の中旬に工事開始。壁紙を剥がして窓の上の下地を補強します。

20191028213455.jpg

N様はモノづくりがお好きな方なので、大工さんや壁紙屋さんの作業にも興味津々。その様子をずっと見守っています。

新しい壁紙の一枚目が変わった瞬間から違う世界になって感動したとおっしゃっていました。 

↓ BEFORE ↓

20191028213524.jpg

↓ AFTER ↓

20191028213556.jpg

その後何日かして、カーテンレールやウッドブラインドの取り付けと家具のご提案に行きました。

当初のご希望はチェアとテーブルだけでしたが、それに加えてテーブルランプやコンソール、額絵などをお部屋に置いたとたん、ぐっと雰囲気が増しました。

20191028213638.jpg

ちょうど夕暮れ時だったせいか、ランプのほのかな明かりもとても気に入られています。

絨毯を敷いてみました。当初「うちは猫が2匹いるから、絨毯はちょっとね......」とおっしゃっていましたが「やっぱり絨毯があると違いますね」と、絨毯も即決してくださいました。

私たちが帰るときにご主人がご帰宅され「すごいねー。素敵だね」と笑顔。おふたりがチェアに座ってお部屋を眺めている姿を背後から見ながら、私も幸せな気持ちになりました。

いまはグリーンのカーテンをお貸出ししていますが、フランスからボルドーのカーテンの生地が届いたら正式に取り付け予定です。

ご覧の通り、絨毯はすっかり猫ちゃんのお気に入りに。

 

20191028213726.jpg

 

2019102821380.jpg

 

10月の半ばにお伺いしたときの様子はこちら ↓ 

20191028213849.jpg

お母様が使っていらした軽井沢彫りのチェストが置いてありました。

20191028213931.jpg

家具を配置換えしながら、日々の生活を楽しまれている様子が伝わってきます。

2019102821403.jpg

「長年の夢のお部屋」のお手伝いができて大変うれしく思います。

このお部屋で過ごす時間がますます素敵なものになりますように。

表参道店 南

3年にわたりブログの担当をしてきましたが来月より担当者が変わります。

いままで読んでくださった皆様、ブログ掲載に快くご協力くださった皆様、ありがとうございました。

 

 

長年の夢。   その1[表参道店]

都内在住のN様が初めて来店されたのはちょうど2年前の10月。

購読しているインテリア雑誌がきっかけでお越しになりました。お子様はすでに独立され、ご主人とのおふたり暮らしとのこと。

その後も何度かご来店くださり、昨年の秋、カーテンが作りたいというご要望をお聞きしました。では早速お伺いしてお見積もりをしましょう、ということになった矢先、急なご不幸がありそのお話が一旦流れてしまいました。

それから半年たった今年の春。久しぶりにN様からお電話がありました。

「やっぱりカーテンが作りたいので来てくださいますか」

数日後、N様宅にお伺いしました。

20191028214156.jpg

いまはベージュにしているカーテンはボルドー系にしたいとのこと。

カーテンだけ取り替えてもいいのですが、もっと高い位置にカーテンレールを取り付けてカーテンを吊るすとお部屋が引き締まり、もっと素敵になります。

ただそのためには、下地の補強がいるので、必然的に壁紙の張り替えの必要性がでてきます。

最初のご要望はカーテンだけだったので、壁紙の張り替えまでするかは検討します、ということになりました。そんなある日、N様が初めてご主人と一緒に来店されました。

「こういう雰囲気のお部屋にしたいの」とN様。「あなたの好きなようにしたらいいよ」とご主人。

そして壁紙の張り替えの工事が始まりました。

(その2に続く)

表参道店 南

 

理想の一区画。[表参道店]

新婚時代に住んでいた福岡でアートハウス21を知り、家具や絨毯をそろえてくださったH様ご夫妻。

いまはご主人の転勤により都内在住で、表参道店に月に一度はお見えになっています。

そんなH様は「この間買った額絵を壁に掛けてみたんですが、それだけだと寂しいみたい。他にも何か飾ったほうがいいですよね?」と、壁に飾るものをずっとお探しになっていました。

20191027163314.jpg

そこで、先日張り替えたソファの座面をお届けした際に、奥行きが28センチの薄めのコンソールと大きいサイズの額絵をお持ちしてみました。

「コンソール? うち、玄関狭いんですよー」と笑いながらびっくりされていましたが、置いてみると

「意外に狭くならないですね!」「わぁ、いいですね!」とH様ご夫妻。

コンソールの上部に額絵を飾ってみました。

20191023202859.JPG

縦と横、それぞれお持ちしたので見比べてもらいます。

20191023203011.JPG

この上にはオブジェをおいてもいいし、ハロウィーンやクリスマスなどの季節のインテリアを飾ってもよさそうです。

今度はコンソールを玄関から違う部屋に移動させてみました。左右の壁のスペースに程よい余裕があり、この場所にもばっちりでした。

20191023201450.jpg

10年以上前に筑紫野本店でお買い上げくださったチェストや絨毯、ダイニングテーブルとも相性ぴったり。

もとからそこにあったような雰囲気です。

H様は、以前テレビボードの購入を検討されていましたが、結局こちらのコンソールを購入されました。

お店で見ると現実感のない家具でも、実際にお家に置いてみるとしっくりなじみ、その一区画にストーリーができます。

家具は、生活に必要なオブジェでもあるのですね。

それから1週間たって、H様に連絡をとってみると......。

「あの日、まさかコンソールを買うとは思ってもいませんでしたが、実際に置いてみてよかったので決めました。いい感じにおさまっています。一番下に靴が置けるのもいいですね」とのこと。

クリスマスの素敵なオーナメントが見つかったら、この上に飾るのを楽しみにされているようです。

H様、本日もご来店ありがとうございました!

表参道店 南

きれいの秘密。[表参道店]

キャットストリートのショップに勤務する人たちで毎月第三土曜日の朝、この界隈のお掃除を実施しています。

今日は朝から快晴。歩いていると少し汗ばんできそうな天気です。

前日大雨が降ったせいか、ゴミも水分を含んでひろいづらいです、特にタバコの吸い殻が。。。

20191027153625.JPG

今日の目玉?はこちら ↓

メッセンジャーバッグのブランド、FREITAGさんご提供の自転車です。

普段は店内でディスプレイしているそうですが、この通り!

もともとがカッコいいので、ゴミ袋をセットした姿もサマになっています!

分別回収?にもバッチリ対応しています。

20191027153450.JPG

 

キャットストリートはアウトドアやファッションのブランドが多いことでも有名ですが、この日もハイブランドのポップアップショップのオープニングデイでした。

10時前にも関わらずプレスがたくさんきていてあたりにシャッター音が響き渡ります。

2019102716957.JPG

最近、雨天続きだったせいか、傘もこんなに落ちていました。

20191027161558.JPG

参加したショップスタッフのみなさん、お疲れさまでした。

今度キャットストリートにお越しの際にはゴミゼロの道にもぜひ注目してください。

表参道店 南

 

 

ペルシャ絨毯でイラン旅行[表参道店]

10月も後半になりました。

あたりに漂うキンモクセイの香りが秋の深まりを感じさせます。

秋といえば観光のシーズンですね。旅行の計画をたてている方も多いのではないでしょうか。

 

当店で扱っている絨毯には、イランの歴史的建造物をモチーフにした絨毯があります。

たとえばこちら。

2019101518571.jpg

真ん中に橋が織り込まれていますが、これはイランの都市イスファハンにあるSi o se pol(=スィー・オ・セ橋)。

ほかにも、同じ橋が織り込まれているこのような絨毯も↓あるので、これはイラン五大建造物絨毯なのでは?と思い

ペルシャ絨毯に詳しい現地コーディネーターさんに詳しくきいてみました。

20191013131223.JPG

 

右下から反時計まわりに

(1)Dome of Soltaniyeh ソルタニエ・ドーム

テヘランとタブリーズの間にあるザンジャーン州。その首都ザンジャーンから車で30分程の場所にあるソルタニエにあるこのドームは世界で三番目に大きいドームのひとつ。のちにカザフスタンやインドの建築物に影響を与えたとも言われ、2005年にユネスコ世界遺産にも登録されています。

(2)Persepolis ペルセポリス

かつて世界の中心ともいわれたアケメネス朝ペルシア帝国の都「ペルセポリス」はファールス州の州都シラーズから車で1時間半の場所にあり、東西約300m、南北約450mの大基壇の上に歴代王の宮殿跡があります。空まで届きそうな巨大建築や精巧なレリーフなど、その技術水準の高さは2500年以上前の建築とは思えません。莫大な富と権力をものにした当時の様子が伝わってきます。

(3)Arg of Tabriz  タブリーズの城跡

東アゼルバイジャン州タブリーズにある城跡で、イランで最も巨大で古いもののひとつです。完成直前に地震により天井が崩落し、要塞として使われることはなく、その後約700年の歴史の中で起きた自然災害や戦争によりその主要部分は残念ながらほとんどのこっていません。町中にそびえる巨大な城門は高さ30mもあり、町のシンボルとしていまも市民を見守り続けています。

(4)Si o se pol スィー・オ・セ橋

世界の半分と称されるほどの栄華を誇ったイスファハン州のイスファハンにある1602年に作られた全長約298mのスィー・オ・セ橋。スィー・オ・セ(Si o se)とは33を意味し、1階部分のアーチの数が33あることから名付けられているとか。夕暮れどきに橋の照明が灯ると一気に幻想的な雰囲気につつまれ、ストリートミュージシャンの奏でる音楽や散歩を楽しむ人々であふれます。

(5)Agha Bozorg mosque アガ・ボゾル・モスク

テヘラン州にあり首都テヘランとイスファハンの真ん中にある町カシャーン。18世紀後半に建てられたアガ・ボゾル・モスクは、モスクというだけでなく学校の役割も果たしています。建物で最も目をひくのは幾何学模様に組まれたブルーとターコイズのタイルと、中央広場に設けられたプール。カシャーンで最高のイスラム様式の建物であり、19世紀中期の最高建築のひとつと言われています。

 

さて、福岡の2店舗では下記の日程でペルシャ絨毯展を開催します。

【筑紫野本店】 10/18(金)〜20(日)

【天神店】10/25(金)〜27(日)

あなただけの1枚を探しにいらしてください。

表参道店 南

 

ページ上部へ