ホーム>NEWS&BLOG>2022年2月

2022年2月

筑紫野本店 アンティーク家具と暮らす

こんにちは、筑紫野本店です。

桃の節句も過ぎ、風にも日差しにも春らしさを感じられる頃になりました。

アートハウス21ではイギリスより沢山の商品が入荷致しました。

一点一点の家具に細やかな職人の技が光り、つい見入ってしまいます。

202221318468.JPG

202221818541.JPG

20222241339.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは収納とデスク機能を兼ね備えたビューローブックケースです。

背の高いキャビネットは見た目の格好良さはもちろん収納力も魅力的です。

上部は両開き書庫になっていて本や雑貨も沢山入ります。

デスク周りにも小さな引き出しや仕切りが付いていているので、こまごまとした文具類も整理できて便利です。

また、デスクを閉めてしまえばスッキリとした印象でリビングやダイニングに置いても素敵です。

お子様の勉強机や在宅ワーク、作業スペースにいかがですか?

お好きな椅子をセットしてお楽しみくださいませ。

 

次は分けて使える「ネストテーブル」です。

202221217510.JPG

202221217545.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ネスト」(巣)という名前が名付けられたこの小さなテーブルは、鳥たちが巣に帰っていく様に複数のテーブルが中に収まります。

使うシチュエーションによって、1つにまとめて使ったり、それぞれ分けて使ったりと、とっても機能的です。

デザインも豊富で大きさも様々なものがあります。

202221217646.JPG

202221217745.JPG

2022212171912.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの脚まわりは、アカンサスの葉をモチーフにした彫刻に、人気のネコ脚です。

とってもエレガントな雰囲気で花瓶や照明を置くためのテーブルや、ソファーでくつろぐ時のティーテーブルなど様々な場面で活躍しそうです。

 

次のこちらはトランク型のセンターテーブルです。

2022224171452.JPG

2022224171543.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊び心のある見た目に心が躍ります。

革の色合いは長年旅を共にしてきたかのような風合をしていて

洗練された大人のお洒落空間を作り出します。

本物のトランク同様に実際に開くことができ、中は目一杯の収納スペースです。

ソファーで使うブランケットやクッションのようにかさのある物も収納出来るのでお片付けも楽々です。

お部屋や寝室、その他お店等のインテリアにもお使いいただけます。

 

本日ご紹介した家具はいかがでしたか?

続きは是非店内にてご覧下さいませ。

 

コロナ感染対策を取りながら皆様のお越しをお待ちしております。

筑紫野本店 お問合せ 092-928-3388

天神店 2月ペルシャ絨毯展開催のお知らせ

こんにちはsun天神店です。

立春は過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

天神店では今週末、ペルシャ絨毯展を開催させて頂きます。

20222916142.jpg

お部屋のコーディネートにまとまりを出してくれる重要なアイテムでもある絨毯ですが、お手入れも簡単で、普段のお手入れは順目に沿って掃除機をかけるだけです。

ペルシャ絨毯のウールの表面は、湿気は繊維内部に吸収するけれど、汚れにくく、しかも汚れが落ちやすいクリーンな繊維です。もしも汚してしまったとしても、まず固く絞ったタオルで拭き取り、次に裏から当て布をして、もう一度固く絞ったタオルで軽く叩くように拭いて頂くときれいに落ちます。

 

同時に絨毯のある暮らし写真展も開催させて頂きますhappy02

実際に絨毯を使っていらっしゃるお客様宅のお写真を展示致しますshine

 

ぜひ柔らかな踏み返しのペルシャ絨毯をぜひ実際にお手に取ってご覧ください。

心よりお待ちしておりますconfident

 

開催日程

**天神店**

11日(金)10:00~19:00

12日(土)10:00~19:00

13日(日)10:00~19:00

**筑紫野本店**

18日(金)10:00~19:00

19日(土)10:00~19:00

20日(日)10:00~19:00

新型コロナウイルスの流行に伴い、皆様に安心して店内でお過ごしいただけるよう、当店でもスタッフ一丸となり感染予防対策に取り組んでおります。

筑紫野本店 Histry of Persian Carpet~ペルシャ絨毯の歴史~

こんにちは、筑紫野本店です。

立春を過ぎましたが、厳しい寒さが続きます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回はペルシャ絨毯についてお話ししたいと思います。

幾世代を超え織り継がれてきた手織りのペルシャ絨毯。

これまでにも、数多くの考古学者が、その発祥の地と時を探り

解明に挑んできました。

しかし、いつの時代からつくられ始めたのか、いまだにその歴史は

定かではありません。

絨毯が織られはじめておよそ3千年。

かつて、ヨーロッパとアジアを結び栄えたシルクロードは遊牧民族によって

開かれたとされています。水と食料を追って移動を繰り返す彼らにとって、

絨毯は敷物としてはもちろん、寒さを防ぐ毛布として欠かせない生活用品でした。

やがてシルクロードを通り各地に伝搬されました。

現代においても、手織りのペルシャ絨毯は、その独自の美しさと手触りで

私たちの心をとらえて離しません。

 

アートハウスではペルシャ絨毯展を開催致します。

ペルシャ絨毯はイランで手織りで作られた床の上の芸術品です。

イランの中でも産地によって柄や色の特徴があります。

今回、おおよそ400枚の絨毯が集まります。

ぜひこの機会にご来店下さい。

あなたにぴったりの1枚が見つかるはずです。

20222418268.JPG

202224182641.JPG

 

~ペルシャ絨毯展~

天神店   2月11日(金)~13日(日)

筑紫野本店 2月18日(金)~20日(日)

※お客様に安心してご来店頂けるよう、ご予約制となっております。

ページ上部へ