ホーム>NEWS&BLOG>筑紫野本店 癒しの灯り
NEWS&BLOG

筑紫野本店 癒しの灯り

こんにちは。筑紫野本店です。

 

朝晩涼しくなり、秋の気配がしてきました。

秋の夜長に読書もいいですね。

 

今回はあかりについてお話したいと思います。

キャンドルを灯すとなんとなく落ち着くように感じます。

キャンドルのあかりにはリラックス効果があると科学的に証明されています。

 

キャンドルのあかりは、オレンジのあたたかい色をしています。

あかりの色は、空間のイメージを変えるだけで体にも影響を及ぼします。

蛍光灯のように青白いあかりは、交感神経を刺激します。

神経を緊張・覚醒させます。

逆に白熱電球のようなあたたかみを帯びた灯りは、副交感神経を刺激します。

人に安らぎと落ち着きを与えてくれます。

 

店内の照明はあたたかみを帯びた白熱電球の10Wを使用しています。

アートハウスでは、メインの照明以外にお部屋の各所にテーブルランプ・フロアランプ・

ペンダントランプ・ブラケットランプなどの間接照明を使用した多灯式です。

202199143628.JPG

間接照明は空間の演出には最適です。

202199144035.JPG

アートハウスの照明は灯りをともしていなくても

見た目にも美しいものばかりです。

202199142440.JPG

また、希少なアンティークシェードもあります。

ヴァセリンシェード

1800年頃ボヘミア地方(チェコ)で生まれた乳白色のガラス。

紫外線を通すと蛍光色に発光します。

1830年頃から1930年頃まで欧州中心に生産されていましたが、

現在は生産が許されていません。

 

店内にいると本当に心が癒されます。

眠くなってくるとおっしゃられるお客様もいらっしゃいます。

リラックスして頂いているのだと嬉しく思います。

ぜひ、みなさまも店内で癒されてください。

ご自宅でも間接照明を取り入れて、灯りに癒されてみませんか。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.arthouse21.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/522

ページ上部へ