ホーム>NEWS&BLOG>2021年9月

2021年9月

筑紫野本店 時を刻む

こんにちは、筑紫野本店です。

今回は時計をご紹介したいと思います。

Comitti of London(コミッティ オブ ロンドン)製クロック

1850年創業ロンドンの老舗時計メーカー。

Onorato Comittiがイギリスでワークショップを始め、現在も一族5代目が作り続けています。

 

➀Wall clocks(掛け時計)

2021923152753.JPG

 

②Hall clocks(置時計)

202192316956.JPG 2021923161210.JPG

時刻を知らせるチャイムは、とても澄んだ美しい音色です。

2021925122536.JPG

使用されている代表的な木材は貴重なマホガニー・ウォールナット・イチイです。

表面に模様を彫り、それに沿って切り取った色の異なる木片をはめ込んで模様を描く

象嵌加工(インレイ)を施したものもあります。

 

③ローリングボールクロック

202192316151.JPG

中央の盤の上の溝を小さなボールが転がって時を刻んでいきます。

1808年にウィリアム コングリーヴが発明したローリングボールクロックの

完全復刻盤。

この眩いばかりの金色の部分は24金メッキ・文字盤はスターリングシルバーです。

博物館に飾られていてもおかしくないような時計です。

 

~英国展開催中~

イギリスより新たにアンティーク家具が入荷しております。

アンティーク家具の魅力は、大切に使い込まれ時を刻み

なお色褪せない美しさ。

時代に流されない、本物の美しさを

ぜひ、一度店内でご覧下さい。

 

筑紫野本店・天神店 営業時間変更のお知らせ

本日9/17(金曜日)台風の為、誠に勝手ながら営業時間を

天神店16時まで、筑紫野本店17時までとさせていただきます。

 

お客様には大変ご迷惑おかけいたしますが、

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

皆様、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。

筑紫野本店 癒しの灯り

こんにちは。筑紫野本店です。

 

朝晩涼しくなり、秋の気配がしてきました。

秋の夜長に読書もいいですね。

 

今回はあかりについてお話したいと思います。

キャンドルを灯すとなんとなく落ち着くように感じます。

キャンドルのあかりにはリラックス効果があると科学的に証明されています。

 

キャンドルのあかりは、オレンジのあたたかい色をしています。

あかりの色は、空間のイメージを変えるだけで体にも影響を及ぼします。

蛍光灯のように青白いあかりは、交感神経を刺激します。

神経を緊張・覚醒させます。

逆に白熱電球のようなあたたかみを帯びた灯りは、副交感神経を刺激します。

人に安らぎと落ち着きを与えてくれます。

 

店内の照明はあたたかみを帯びた白熱電球の10Wを使用しています。

アートハウスでは、メインの照明以外にお部屋の各所にテーブルランプ・フロアランプ・

ペンダントランプ・ブラケットランプなどの間接照明を使用した多灯式です。

202199143628.JPG

間接照明は空間の演出には最適です。

202199144035.JPG

アートハウスの照明は灯りをともしていなくても

見た目にも美しいものばかりです。

202199142440.JPG

また、希少なアンティークシェードもあります。

ヴァセリンシェード

1800年頃ボヘミア地方(チェコ)で生まれた乳白色のガラス。

紫外線を通すと蛍光色に発光します。

1830年頃から1930年頃まで欧州中心に生産されていましたが、

現在は生産が許されていません。

 

店内にいると本当に心が癒されます。

眠くなってくるとおっしゃられるお客様もいらっしゃいます。

リラックスして頂いているのだと嬉しく思います。

ぜひ、みなさまも店内で癒されてください。

ご自宅でも間接照明を取り入れて、灯りに癒されてみませんか。

 

横浜青葉店 使い継がれる家具達

こんにちは、横浜青葉店です。

9月に入り、季節が一歩進んで、すっかり秋の涼しさですね。

今週はイギリスから新商品の家具が入荷して、お店に並び始めています。

お部屋のポイントになりそうな、小ぶりな家具も多いので、

秋のお部屋の模様替えに・・・是非、のぞいて見て下さいね!

 

さて、入荷したアンティーク家具達。

そのまま店頭に並ぶ家具もありますが、チェア、ソファは、座面の生地を張り替えることも多いんです。

お店に工房がありますので、スタッフ自ら、張り替えることもあります。

 

2021992027.jpg

 

20219920241.jpg

 

アンティークの重厚感を残しつつ、こうして新しいチェアに生まれ変わります!

まるで、再び、命が吹き込まれたようですね。

フレームの木部が本物だからこそ、何年、何十年、何百年も時を経ても、

廃れることがなく、輝きは深みを増していきます。

そして、また次の持ち主に使い継がれていきます。

 

アンティーク家具の魅力とは・・そうした、ひとつひとつの家具が持つ歴史に

想いを馳せることかもしれませんね。

202199201724.jpg

 

アートハウスでは、お手持ちのチェアやソファの生地の張り替え、修復も

承っております。

是非、大切な家具の修復を私達にご依頼ください。

筑紫野本店 思い出の家具

 

202194122956.JPG

こんにちは、筑紫野本店です。

9月に入り朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

蝉の声も遠のき、夏が終わることに少し寂しさを感じます。

本日はArt-house21で初めてアンティーク家具に出会い、毎日触れ、お客様に教えて頂いたリアルな声を元に

私が感じるアンティーク家具の魅力について書こうと思います。

 

202194122841.JPG

202194122657.JPG

202194124610.JPG

 

クラシックで気品高いたたずまいが魅力のイギリスアンティーク家具。いつの時代か職人が成した装飾美、長い歴史を刻んだ木肌、古い時代を思い起こさせるデザインは遠い異国の生活の記憶を感じさせます。

 

みなさんもどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

それが自宅にあったならば、貴方はどう使いますか?

お客様のお話を聞いていますと椅子は生地を変えて楽しまれたり、今使われてある家具をもう子供が欲しくて狙っているとよく聞きます。

また、前の家で使っていたステンドグラスを新築を建てられる際にドアの中にはめたり、カーテン生地をハンドメイドでリメイクされたりとアイデアが尽きません!

形や場所が変わっても、家族から受け継いだ家具を大事に使う、その考え方に感動しました。

アンティーク家具のように私も年月とともに魅力溢れる女性になりたいものです。

 

Art-house21筑紫野本店では、今月9/17~26日に英国展を開催いたします。

ご自分の、ご家族の、思い出をつなぐ特別な一品を探しにいらして下さい。

202194123033.JPG
 

 

ページ上部へ