ホーム>NEWS&BLOG>スタッフブログ>「蓄音機」と「グラミー賞」[表参道店]
スタッフブログ

「蓄音機」と「グラミー賞」[表参道店]

世界で最も権威ある音楽賞のひとつ、第61回グラミー賞の授賞式がいまアメリカで行われています。

さて、この「グラミー賞=Grammy Awards」ですが、なぜグラミーとよばれるようになったかご存知ですか。

実は「グラミー=Grammy」とは、受賞者に与えられるトロフィー「グラモフォン(gramophone=蓄音機)」の略称。

グラミー賞の発足当初は「グラモフォン・アワード=Gramophone Award」と呼ばれていたのですが、そのうちに「グラミー」と呼ばれるようになったそうです。

実は表参道店にも蓄音機があります。

2019211132814.jpg

英・シェフィールドで1922〜1931年頃までの約10年という短い間に数々の名機を生み出した、ギルバート社。

2019211134256.JPG

この存在感のある蓄音機は素材にオークを使ったNo.77、クラフツマンによる丁寧な仕事が光ります。

2019211142311.jpg

201921113457.jpg

表参道店にお越しの際にはその音色をお楽しみください。

 

【表参道店からのお知らせ】

2/22(金)〜24(日)の3日間「アンティークチェアフェア」を開催します。

到着した商品の写真はこのブログに随時アップしていきます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

表参道店 南

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.arthouse21.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/338

ページ上部へ