ホーム>NEWS&BLOG>社長ブログ>イタリア出張
社長ブログ

イタリア出張

9/16~23イタリアミラノの展示会に行って来ました。去年も来た展示会です。パリの展示会よりも規模は小さいですが、他にはないサプライヤーが出ていることもあるのでレアなものも探すチャンスです。展示会での主な商品はインテリアアクセサリーです。今回は8社から仕入れをしました。カーテンタッセル、ハンドペイントの油絵、大理石のタイルでできたコースターなど、またまた入荷が楽しみなものばかりです。

2016112118587.JPG

HOMIという展示会

2016112119326.JPG

この長ーい通路の両側が各ホールになっています。

2016112119438.JPG

大理石でできたコースター

2016112119723.JPG

どこのブースもディスプレーに命かけてます。

2016112119749.JPGやはりインテリアの中にはグリーンが必要。日本では飾るものは小さくなりがちですが、大きなものを飾るのが今風です。
2016112119825.JPG

ハンドペイントの油絵。かなり厳選して仕入れてます。

展示会は4日で終えて電車でベネチアへ移動。そこからまた電車で1時間のベネト州に行き取引きしている家具メーカーへ。イタリアでは家具メーカーは数多く存在しますが、私が思うナンバーワンの会社です。材質はほとんどがサクラ材で、その素材を最大限に引き出す素晴らしい塗装がされています。象嵌でピカピカのウレタン塗装がされている皆さんの知っているイタリア家具とはまったく違います。ほとんどのイタリアクラッシク家具メーカーそんなところばかり。日本で扱われてるイタリア家具のほとんどがキラキラ、ピカピカの象嵌家具です。あれほど嫌いなものはありません。あ、言ってしまった。このブランドは大きな展示会には出展しないので、日本中どこを探しても見つかりません。そんな埋もれた逸品を探してくるのが私の仕事です。もうすでに本店と天神店にはいくつかの商品はありますが、今回の仕入れは今までで一番大きな仕入れになりました。

入荷は来年の春過ぎくらいになりそうです。

20161123152213.JPG

ミラノの駅から電車でベネチアへ

20161123152310.JPG

材質はサクラ材がメイン

20161123152338.JPG

昔からの伝統の作り方です。

 

20161123152658.JPG

いい家具は材質はもちろん、塗装の仕上げがいい

20161123152728.JPG

オーダーをしています。すべて注文生産

 

20161123152753.JPG

本社ショールームの前で記念撮影

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.arthouse21.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/102

ページ上部へ