ホーム>NEWS&BLOG>2016年10月

2016年10月

シェードを、ブクブク洗う

皆さま、こんにちは
 
日も短くなり、照明と共に過ごす時間も増えてきました。
 
暖房器具を物置から出してきたり、冬支度とともに
お部屋の点検をされている方も多いのではないでしょうか?
 
お店の大先輩と連絡を取っていて、なるほど裏技を教えてもらいました!

タイトルでもうバレてますけど。
 
先輩ご自宅のアンティークシェード、
ずーーっと前から、埃とくすみが気になっていたから
思い切って、やっとこ、ついに掃除したとのこと!
 
見違えるような輝きを取り戻したシェードがこちら。

 

20161031172051.JPG

Before

20161031172236.JPG

After

2016103117231.JPG

うぅ~んピカピカー!

お手入れ方法は実にシンプル。
シェードだけを外して、台所用洗剤を薄めた水でブクブク洗う。
 
確かに・・・そうやん、洗えばええんやん。
ガラスなので輝きがもう全然違いますよね。
 
当店でも大人気のガラス製シェードは形、色、サイズ様々ですが、
比較的小ぶりなものが多く、取り外しも簡単。
(でも慎重に、ご注意ください。大きなサイズは無理をしないでください。)

 
日頃はササっと埃を落とすお手入れで十分、
こうやってたまに汚れをしっかり落としてあげるといいですね。
これを機にお部屋ごとのシェードを入れ替えてみたり、買い足してシャンデリアにされたり、

アレンジもお楽しみください!
 
<少し、告知> 照明フェア開催予定です!

11月19日・20日 本店

11月26日・27日 Bivi福岡天神店
 
 
電球自体もガラス部分を、同じ要領でお手入れ可能です。
薄めた洗剤水で湿らせたタオルを使って優しく汚れを落とし、乾いたタオルで乾拭きするとピカピカに。
 
20161031172528.JPG
 
 
お手入れ後、シェードを通して煌めく灯りの威力ったらスゴいです
みんなで点灯式したいくらい。
これでこそ、この貴方の素敵なヴァセリンシェードが本領発揮よ、先輩!!!
 
是非、皆さまも重い腰を上げお手入れください。
 
*ご注意ください*
・シェードを取り外す際は、必ず電気のスイッチを切り消灯願いま
・ガラス製品ですので、慎重にお取り扱いください
・高い場所にあるシェードは、プロに任せましょう
 
アートハウス 表参道店 豊田

 

 

 

 

 

 

本店より スタッフ募集のお知らせ

本店より求人のお知らせです。
 

住宅部スタッフ募集
配送部スタッフ募集
 
アートハウス本店にて現在スタッフを募集しております。
あなたのお人柄やセンス・アイデアでアートハウスを是非盛り上げてください。
ご連絡お待ちしております!
 
<住宅部スタッフ>
雇用形態:正社員3名
就業形態:フルタイム 
仕事内容:リノベーションのデザイン・提案営業(1名)、現場監理(2名)
勤務地:アートハウス21本店(福岡県筑紫野市湯町1丁目17-8)
経験等:営業、現場監理の経験者は優遇
 
<配送部スタッフ>
雇用形態:正社員1名
就業形態:フルタイム 
仕事内容:家具配送
勤務地:アートハウス21本店(福岡県筑紫野市湯町1丁目17-8)
経験等:未経験者も歓迎
 
<< 詳細希望の方は下記の連絡先にお問合せください >>
 
 
【こんな方におすすめ!】
●お客様の話に誠実に耳を傾けることができる
●自分のセンスやアイデアを活かして、お客様に喜ばれたい
●住空間を提案する仕事に興味がある
●ヨーロッパの建築や設計、日本の住宅事情に関心がある
 

ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。
 
◆Eメールにて
タイトルに「スタッフ募集に関して」とご明記ください。
info@arthouse21.co.jp アートハウス21 西川まで
 
◆電話にて
TEL:092-928-3388 アートハウス21 西川まで
火曜定休 営業時間10時~19時
*火曜日が祝日の場合は営業

シャンデリア・ウォッチング

20161021173311.jpg
20161021173341.jpg

 

秋は夕暮れ。
 
表参道店は人通りの多いストリートから少し小道へ入ったところにあります。
夕暮れ時になると、近くの民家から夕食支度の香りに、帰宅のドアの音、

生活感がぐっと高まります。
 
表参道店も、日中は日差しも厳しく、真っ白な外壁が凛々しい正統派な印象。
ですが日が傾きかけると、あれ!そんな一面も持っていたの!?と
ドキッと色っぽい佇まいに移り変わります。
 
日が沈むと共に、店内の様子も外から丸見えです。
ソファー、テーブル、ドラマチックな照明、
私たちが是非お見せしたい、しっとりクラシカルな雰囲気をご覧いただくチャンスかもしれません。
お客様とスタッフが楽しそうに会話をしている雰囲気もまたいいですよね。
 
 
そういえば、イギリスはロンドンに滞在していた時のこと。
ロンドンの街中、住宅街を歩いていると思わず遭遇するのが…
パブリックスペースと呼ばれる一番正面の部屋は
ダイニングやリビングルームとして使われることが多く
これがまた「是非見てよ!」というくらいカーテン全開。

夕方にもなると家族団らんの様子が繰り広げられていて、なんとも楽しそう!
遠くから眺めるとドールハウス・リアル版みたい!
もちろん、寝室などのプライベートスペースはきちんとカーテンをひきます。
 
現地インテリアをのぞき見するには絶好のチャンスですよね。
ペットの散歩ついでにのぞきこんでいる人も多いんですよ。

現地お住まいの方から教えてもらったのですが、
こんな楽しみ方を「シャンデリア・ウォッチング」と呼ぶそうな。
実際、非常に豪華なシャンデリアに出会えることもあります。
 

表参道店は定休日水曜を除き、夜の8時まで営業しております。
お仕事終わりに、週末の予定の前に、秋の夜長に、表参道を歩かれてみては?
当店のシャンデリア・ウォッチングももちろん大歓迎です!
 
アートハウス 表参道店 豊田

 

コンニチハー!


当店と長年取引させていただいております
フランス老舗家具メーカーGRANGE社(グランジュ社)より
輸出マネージャーのロドルフさんがご来日、東京表参道店にご来店いただきました!
 
20161015153016.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
 
 
ドバイ経由のフライトでの長時間移動だったにも関わらず、
3泊4日のタフスケジュールをこなした彼、非常に真面目でアツいフランス人でした。
滞在中はGRANGEのあらゆること、商品構成、家具詳細、原材料、塗装技術、など丁寧にレクチャーくださいました。
 
 
私たちは日頃からGRANGEの家具に慣れ親しんでおり、もちろんGRANGEファンです。
世界でも現在40カ国以上で取引されている有名ブランドですが、
まだ日本においては、誰もがご存知のブランド、ではもちろんありませんので・・・
まずは私たちがGRANGEのファン代表としてもっとGRANGEのことを知る、
非常に良い機会となりました。
 
20161015153214.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
20161015153049.pngのサムネイル画像のサムネイル画像
20161015154213.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
20161015154236.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
20161015172327.JPG
20161015155117.JPGのサムネイル画像

 

レクチャー冒頭、まずはいきなりのクエスチョン!・・・もちろん、英語で。
 
ロドルフさん「さぁ、始めよう、まずは、GRANGEの強みは?
 
***
 
この後内容てんこもりでしたので、
少しだけですがこちらでシェアしたいと思います。
お時間宜しい方、お付き合いください。
 
 
なんといっても、GRANGEの家具は
 
フランス産の材料を使ってフランスできちんと一貫生産されていること。
 
これ、彼いはく、意外に自慢できることだそう。
メーカーとして自信をもってこうおっしゃってくださるのは、嬉しいですよね。
 
GRANGE社は1904年創業と既に110年以上の歴史ある老舗ですので、
クラフトマンシップ、昔ながらの製法を引き継いでいるという自負がきちんとあります。
これが称えられ、フランス国家管轄の認証”EPV”(“Enterprise du Patrimoine Vivant”(*)の認証も受けています。
*伝統の継承と工業的な技術が卓越している生産者にのみ与えられるマーク
 
素材としてメインで使われているのは
上品な木目が特徴のフレンチチェリー、ナチュラルな素材感が特徴のフレンチオーク。
アメリカンのものに比べると数倍の価値があると言われる香り高い材木です
 
また、仕上げの特徴としては色展開の多さが特徴でしょう。
カラフルなサンプルを眺めていると、おおぉ冒険色かと思いきや、案外馴染む色味がほとんどです。
定番色でさえ、様々な表情を持ち合わせていますので、いざ選ばれる際に迷われると思います。
 
その他、商品構成、ラインが豊富なのもGRANGEの魅力のひとつです。
ルイ15世やポンパドールといった歴史的人物をモチーフとしたスタイルや、
アトリエといった当時のカルチャースタイルを基にデザイン、構成されています。
 
カタログを見ているだけでもワクワクします!
*取り扱い有無ございます。
 
***
 
上質仕上げの家具を使い続けヴィンテージに育てる、
そんなフランスのエスプリが詰まったGRANGEインテリア。
 
日本国内で取り扱っているのは、当店アートハウスのみです。
アートハウス店内にて展示しているGRANGEの家具はほぼ現品限りですが、
ご希望のお客様には型や色を選んでいただけるカスタムメイドも承っています。
 
ロドルフさんをはじめとする現地スタッフとも連携し、
GRANGEの良さをより多くの方にお伝えしたい、とスタッフにも火がつきました。
 
是非お訪ねくださいませ!
 

アートハウス 表参道店 豊田

 

 

 

イランへ絨毯の買い付け

9月2日~7日までイランにペルシャ絨毯の買い付けに行って参りました。

このブログを書いているのは、そこで仕入れた超品がすでに日本に到着し、

本店での絨毯展が終わり、天神店の絨毯展の真っ最中の10月15日です。

本来なら現地から最新報告ができればよかったのですが、1か月経ってしまいました。

今年はすでに3回目のイランです。いつものように、1枚2秒くらいのペースでどんどん見ていきます。

30枚で1枚くらい目に留まるものがあります。

そこで選んだものを最終日に何度も見返して、消去法で落として残ったものだけが日本に入荷します。

今回はオールドを中心にいい買い付けができました。

民族系の絨毯も、いつも見る産地だけでなく、これまで仕入れたことのない産地の商品にいいものがありました。

先週の本店での絨毯展でもそんなレアな商品の中からたくさんお求めいただきました。

本当にありがたく思います。天神店の絨毯展も明日までです。

やはり皆さん目が肥えていて、時間とともに色、風合い共に良くなっているものや、

新しくてもその風合いを意図的に出しているものに注目されています。

いつか東京表参道店でもアートハウス21でしか見られない品揃えで「ペルシャ絨毯展」を開催したいと思っております。

20161015165841.JPG
20161015165945.JPG
2016101517010.JPG

 

ひとりにひとつ、湯たんぽ

201610614714.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは

 
朝晩と随分涼しくなってきましたね。
お風邪などひかれてませんか?
 
表参道店より新入荷商品のご案内です。
タッセルに続き、ドイツ製湯たんぽが入荷してまいりました。
 
湯たんぽ、湯たんぽ・・・うふふ、なんとぬくもり感じる響き!
寒いのは苦手ですが、冬支度はなんとなく楽しい、待ち遠しいです。
 
湯たんぽは歴史のある暖房器具ですし、ずっと愛用されている方も多いと思います。
また逆に知らない世代の方もいるのでは??
 
湯たんぽは・・・
容器にお湯を入れて温めるので、繰り返し使えて電気も不要なエコ暖房ツール。
熱湯は5〜6時間かけてゆっくりと温度が下がっていきます。
体感としてはじわじわ温まりますので
・体への負担も少なくて老若男女に優しい、
・空気も汚さず、乾燥もしない、加えて美容と健康にもいい、
さすがエコロジー大国ドイツで愛されているのも納得ですよね。
 
 
さて今回、社長が見つけてきました湯たんぽ、ですが、
なんとむっちゃかわいいぃぃぃ! 
ポテッとしたハート型に動物の影絵があしらわれていて、
見てるだけであったかい気持ちになります。
 
肌に触れる素材は最高級の羊毛、メリノウール。
保温力はもちろんのこと、湿気を逃がす役割にも優れています。
おやすみ前に布団に入れて、ぬくもりじんわり。
朝を迎えるころには、スッキリすべすべ。
 
大きなホッカイロとしてスポーツ観戦やアウトドアにも。
ひとりにひとつ、湯たんぽ。
 
アートハウスで楽しく冬支度、始めませんか?
 
アートハウス 表参道店 豊田
 
201610614109.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お湯は1Lまで入ります
6,500円(税込)

 

 

ページ上部へ