ホーム>NEWS&BLOG>社長ブログ>ドイツケルンの仕入れ
社長ブログ

ドイツケルンの仕入れ

201622191941.JPG
201622192133.JPG
201622192239.JPG
201622192534.JPG
201622192616.JPG
20162219277.JPG
201622193125.JPG
201622193540.JPG
201622193718.JPG

 1月19日から2週間のヨーロッパ買い付けです。

現在は2月2日でイギリスにいまして、今日が最終日です。今夜の飛行機でヒースローから帰国します。

ドイツのケルンからパリに入り、マンチェスターからイギリスに入り、イングランド全土をまわってきました。今回の仕入れの旅もその都度ブログを書けばいいのですが、なかなか夜は時差ぼけで寝てしまい、結局は最後の日からスタートです。このブログの前はイタリアミラノからの仕入れの模様をお伝えしましたが、その後11月にはイギリスにアンティークの買い付け、1月8日からはイランにペルシャ絨毯の買い付けをしています。本来ならばこのブログのコーナーにアップしなければいけないところをサボっていました。ごめんなさい。その代わりと言っては何ですが、私のプライベートのフェイスブックやアートハウス21のフェイスブックページにはマメにアップしておりますので、ぜひご覧ください。

はじめに写真はドイツケルンの家具の展示会です。1月19日に到着し、20日の一日だけ見てまわりました。10年以上前に来たっきりでそれ以来久々の訪問でした。規模はかなり大きいです。ですが、ドイツのメーカーではほとんどいいところはありません。結局オーダーしたのはイギリスのベッドメーカーとソファーメーカー、そしてイタリアのソファーです。この中でベッドのメーカーはいい出会いでした。ビクトリアンベッドのリプロダクションで、すべてハンドメイド。しかも、これまで課題であった床板の問題から素晴らしく解消されたメーカーです。ハンドメイドですので、日本のマットレスのサイズに合わせてオーダーしてきました。アートハウス21にこれから先の大定番になりそうな予感です。このメーカーとの出会いだけでも、このケルンに来た甲斐がありました。どのオーダーも夏ごろには入荷すると思います。

この展示会の後は列車に乗ってパリへ移動。約3時間半のベルギーのブリュッセルを経由する旅です。ヨーロッパの列車の旅はいいですね。パリでは日本から到着するわが社の天神店の女性スタッフ2人と合流します。2人のうち1人は初ヨーロッパ。ちゃんと会うことが出来るでしょうか。

この続きは帰国後いたします。今回のヨーロッパ出張のメインイベントです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.arthouse21.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/30

ページ上部へ